ドコモの特価BL で契約は出来るが割引を適用できない事案が多数発生

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

ドコモの特価BLいわゆる特価ブラックリストというものが2015年9月以降に猛威を振るっているようです。

この特価BLというものはどういうものかというと、過去にドコモの月々サポートなどをかなり受けられている人は、9月以降に契約しようとするときに、それらの割引条件の適用が対象外になるというものです。

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

特価BLになると?

特価BLというものになってしまうとどういうことが起きるのでしょうか・・・

とりあえずドコモが契約出来る量販店などにいってドコモの契約を複数台申し込むとします。

恐らくその時に適用されるのは家族まとめて割などの施策だと思います。

それらが適用除外となるのです。適用除外になってしまうとどういうことか?ということですが、それこそMNP一括0円で購入出来なくなります。

また非常に残念なことに、月々サポートなども適用外なので、契約は出来るものの割引を一切受けることが出来ません。

9月頃にあった、月々サポートの回数制限の話

月々サポートを受けられる制限を契約者毎に設けるという施策が出ておりましたが、それが発動されているものと思われます。

それにより、過去に遡及してどれくらいこの人は儲けようとしているのか?ということはわかるようになります。

ざっくり180日以内に5回線くらいすでに適用されているのであれば、特価BLになる可能性が非常に高いです。

本当のブラックではない

契約自体は出来るので、本当のブラックリストに入っているというわけではなさそうです。

ただしこのブラックに入るといつこの特価BLが解除されるのかということはよくわかりません。

基本的に半年〜1年のスパンで契約を見ているはずなので、次にショップ来店は半年後くらいということになるのではないでしょうか。

それにしてもこの施策はかなりきつい施策だと思います。これにより、安く契約出来ないということは本当にメーカーなどはきついでしょうね・・・

端末が売れないということが一番メーカーにとってきついと思います。

ドコモももう少し考えれば・・・と思うのですが、そうはいかないのでしょうね。

これでは誰も契約してくれない

この特価BLなら誰も契約はしてくれません。

MNPのキャッシュバック目当てなので、仕方ありませんが、それにしてもここまでブラック化するのであれば、次はいつのタイミングならOKなのか?という明示的な情報を出して欲しいと思います。

業界ではかなり痛い

2015年12月2日

業界ではこの特価BLというのはかなり厳しい施策です。なぜなら契約したい意思があるのに契約をしてくれないという状況になるのです。

特にメーカーと代理店はかなり厳しいと思いませんか?

メーカーと代理店は契約してくれてなんぼという感じなのですが、実はこれがある為に契約してくれる可能性が非常に少なくなるのです。

出来ることなら契約して欲しいわけですが、契約してくれない可能性もあるのです。

本当にこれは厳しい施策だと思いますね。

キャリアはそのあたりをどう考えているのでしょうか・・・

恐らく自社を守ることしか考えていないような気がしますね。

今後はさらに総務省の言いなりになるのかもしれません。それでは本当に面白くはありませんよね。

初回投稿日:2015年10月19日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする