実質価格と一括価格の違いを説明 デメリット メリットは?

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

実質価格という言葉と一括価格という言葉が世の中にあることは知っている人も増えてきたと思います。

それではこの実質価格と一括価格というのはなんでしょうか?

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

実質価格とは?

端末の本体代金が仮に48000円の場合、2年間毎月ローンで支払うと過程します。

その時毎月のローン代金は2000円ですね。その2000円のローン代金を通常毎月払うわけですが、2000円通信費のほうから減額してあげましょう。というのが実質価格です。

この時はローン代金の2000円と通信からマイナス2000円になる為、本体代金は実質0円なのです。

本体代金は非常に安く見えますよね?ただし通信費が元々かなり高額の為に実は0円となったところで、それほど安くはなっていないのです。

実質0円の場合で端末を購入しても毎月の支払いは今ある一般的な契約を行った場合5000円以上は発生するのです。

実はこの実質価格というのは本体代金を安く見せる為だけの手法で、実はトータルの維持費が安くなるわけではありません。

一括価格は?

この一括価格というのは、端末代金の支払いを一括で行うというものです。48000円の端末代金なら48000円を一括で支払うということですね。

先ほどの実質価格と同じ原理であれば、48000円の端末を一括で購入すると残りの2年間は通信費からマイナス2000円です。

よって毎月の通信費を抑える効果があるのが一括価格なのです。

ただしトータルの支払いはどちらも同じです。

よく量販店などで一括0円といってるけど?

実はこの一括価格というのは一括0円で購入出来ることも指します。

一括0円で購入すると(正確には購入しているわけではありませんが・・・)先ほど説明した48000円の端末代金が0円になるわけです。

そうすることにより、毎月2000円の減額の恩恵を受けることが出来るのです。

よって一括0円と実質0円なら一括0円で購入出来るほうがいいのです。

ただしその場合は一括0円で安売りしている場合に限りますね。

MNPいわゆるナンバーポータビリティなどを利用することにより、一括0円で購入することが可能となることが多いと思います。

通信費の減額はどの機種も同じ?

通信費の減額幅はどの機種も同じというわけではありません。

機種によって異なります。

高い機種もあれば、一切ない機種もあるのです。

そのあたりを気をつけて契約して欲しいと思います。

初回投稿日:2015年9月14日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする