ドコモ 2016年 学割 割引 施策は? U25になるのか?予想

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

2016年の学割を予想したいと思います。

ドコモは現在基本料金がスマホの場合は1700円か2700円かを選択する必要がありますが、契約を促す為にもこの基本料金にテコ入れすると思われます。

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

基本料金の減額予想

まずは上記で述べた基本料金に対してのテコ入れが入り、まずは基本料金の半額もしくは1000円程度の割引が入ると思われます。

半額の料金プランとなれば、27000円もするカケホーダイではかなり魅力のある料金設定になると思われます。

1700円のプランに関しては半額にしたら1000円を切る価格にまで価格が下がる為、こちらは相当メリットがあると思われますね。

データ定額の値下げ

データ定額は500円程度の値下げを予想します。

そしてパケット量1GBの増額です。

このあたりは普通にやってくると思いますね。

500円下げることにより、基本料金半額と2つ合わせると2000円近くの値引きになると思われます。

パケット増額に関しても1GBあたり1000円程度なので、そのあたりも割引に含まれるとするとトータル3000円近くの割引になる可能性もあります。

他社の話ですが、ワイモバイルが現在パケット倍増のキャンペーンをおこなっており、ひょっとするとパケット倍増という施策になる可能性もあります。そうなるとかなりメリットはあると思いますね。

適用年齢は?

ここ最近の適用年齢はU25ということになっているので、25歳以下での割引の適用となるでしょう。

そしてこちらも他社に追随して25歳までこの恩恵を受けることが可能というふうになる可能性もあります。

25歳まで適用されるとなると非常にありがたいことですよね。

実際のU25の運用開始は2016年1月頃からですが、その頃になるとXPERIA Z5も買いやすくなっている可能性が高く、そのあたりの機種がでてくると思われます。

ひょっとするとiPhone6sなどもMNPで一括0円になっている可能性がありますね。

ドコモはまだ日本で一番契約数を持っているキャリアです。ここ最近後出しジャンケンが続いているので、このあたりでかなりの施策を出してきて欲しいところです。

キャッシュバックに期待は出来ない?

2015年11月30日追記

キャッシュバックはやはりこれから先期待できません。

数年前にもこのキャッシュバックをやめるようにとお達しがありましたが、その時にも学割のシーズンにも関わらず、キャッシュバックが減りました。

減ったことによりあまり移動がなかったと聞きます。やはりMNPはお得だと認識している人が非常に多いので、この学割の3月というのはかなりの数が移動することになると思います。

ドコモは特価BLという残念な施策も出しているようなので、本当に美味しい買い物が出来るかどうかは微妙です。

ドコモの特価BL で契約は出来るが割引を適用できない事案が多数発生

こちらがその特価BLといわれるものです。実際には契約出来るのですが、特価を受けることが出来ません。ちょっとひどい施策ですよね・・・

ある意味仕方ないことなのかもしれませんが、それでもこの特価BLに入るといつ喪があけるのかよくわかりません。

非常に面倒な施策であることは間違いありません。

iPhone6 iPhone6sのMNP キャッシュバックが厳しくなる? 2016年はどうなる?

こちらは総務省の施策ですが、これにより、残念ながら美味しい施策を受けることはますます厳しくなるかもしれません。

総務省は本当に不要なことをいうなぁ〜と思いますが、国のお達しに逆らうわけにもいかないと思いますので、キャリアは本当に大変なのかなぁ〜と思いますね・・・

もう少し国も譲歩すればいいのに・・と思うのですが・・・

U25の施策にまった

2015年12月10日追記

キャッシュバックがなくなる U25 学割 規制で販促費を減らす
総務省の方針で今後U25、学割といった今まではそれなりに美味しかった施策にメスが入りそうです。 もう本当に携帯で儲けようと思っている人...

U25の施策に国から待ったがかかると思われます。

なんと残酷は話でしょう。この時期を期待していた人も多かったと思いますが、若者に対する嫌味のように国は動いているようです。

この施策の施行というのは、U25が携帯契約について恩恵を受けているということが原因のようです。

確かに恩恵は受けていると思われますが、実際のところ料金の支払いは親がやっていることも非常に多いわけです。

結果的にトータル維持費が家族全員で下がればいいのですが、そうならない可能性があります。

非常に残念な話ですが、恐らく恩恵を受けることは非常に少なくなると思われますので、ここにきて美味しい思いをすることは難しいと思います。

キャッシュバックが減り、MNP一括0円の端末がなくなり、今後日本の携帯業界はどのように動いていくのでしょうか?

そのあたりが本当に気になるところですよね。

2015年も年の瀬

2015年12月31日追記

2015年もそろそろ終わりです。2015年は最後にそれなりのキャッシュバックを実施しておりました。

2016年1月に入り、中旬以降に学割が開始されると思われます。

学割の時にキャッシュバックが減額されるのかどうかまだ不明なところも多いようですが、実際のところ現場はキャッシュバックがなくなるとかなり苦戦すると思われます。

しかしながらこの時期に合わせて携帯を購入する人も非常に多いので、現場としては高額キャッシュバックを載せたいところ。

1月中旬から3月後半にかけて一番携帯が売れる時期に入るわけです。

今年のドコモはキャッシュバック廃止などのニュースが駆け巡りましたが、そのあたりは回避して欲しいところですね。

学割施策はいいのが出て欲しいところですが、実際はどうなることなのか・・・2016年前半は期待したいところです。

こちらドコモオンラインショップです。

ドコモオンラインショップでも色々な施策が行われているので、定期的にチェックしたいところですね。

初回投稿日:2015年10月30日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする