iPhone6s /Plus が売れない 減産で日本は過剰在庫?供給過多に

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

iPhone6sが思ったより売れていないようです。

売れないという原因というのは、iPhone6とそれほど変わらないということもあると思いますが、やはり各国それなりに長期利用するということが当たり前になってきているのではないでしょうか。

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

2年縛りがある国

2年縛りという制度がある国というのは限られております。たいていの国というのはSIMフリーを購入して通信会社と契約するという仕組みをとってきているのです。

それはどういうことか?ということですが、日本でいうところのSIMフリー+MVNOというような感じなのです。

携帯の本体価格はやはりSIMフリーなので10万円ほどするのです。iPhone6sも10万円ほどするのです。

その状況では売れるものも売れません。

日本でも10万円は大金ですが、他の国の人達にとったら10万円はさらに大金なわけです。1ヶ月分の給料にも匹敵するわけです。

それをわざわざ2年に1度のペースで変更するとは思えません。

逆に日本くらいiPhone6sを購入する国はないというわけです。

そんな日本ですら

そんな日本でも店にいったらiPhoneの在庫はかなり多くあります。

売れていないのです。それだけiPhone6sに対して魅力がないということなのでしょうか?

今回は目玉の機能が感圧タッチということですが、これを見た人がその機能が必要なの?といわれると不要と思う人も結構いるわけですね。

そう考えるとやはり期待したいのはiPhone7になってくるわけです。

iPhone6sはとりあえずスルーしておいて、iPhone7の購入を検討しようと思う人が増えてくるのです。

そう考えるとiPhone6sはいったんおいといて・・・ということになる可能性があります。

iPhone6s減産で・・・

早い時期にiPhone6sのMNP一括0円が訪れるかもしれません。

そうなると日本ではかなり売れるものと予想されます。MNP一括0円なら買ってもいいという人がかなり増えてくるでしょう。

12月頃になるとそういう店舗も結構出てくるのではないでしょうか。

端末が売れないとApple精査というものがはいり、来年からiPhoneの取り扱いが出来なくなる可能性もあるわけです。

そう考えるとiPhoneは各代理店ともそれなりに販売したいのです。

是非安く販売して欲しいですね。

初回投稿日:2015年11月3日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする