iPhone8s /Plus アイフォーン8s スペック 発売日 予約 在庫 ドコモ au ソフトバンク

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

iPhone8sが今後発売される予定になっているので、iPhone8sの情報を掲載していきたいと思います。iPhone8sというのはiPhone8の後継モデルとなっており、発売時期に関してはまだ未定です。

よって2019年の話になるかと思いますが、4年後というとどうなっているのでしょうか?

逆に4年前といえば、iPhone4sの頃でした。そう考えると進化はしたものの、まだ4Sを使っている人がいるというのも事実です。

私の知り合いでもまだ4Sを利用している人もいます。そう考えるとiPhone8sの頃にiPhone6sを利用している人がいるということも十分に考えられるわけです。

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

日本での発売後は?

各社オンラインショップで発売が開始されると思われます。

docomo ドコモ

au

SB

こちらのオンラインショップで購入及び予約が可能です。iPhoneなら各社のオンラインショップが自宅にいながら購入出来るので、かなりお得なことは間違いありません。

ちなみにオンラインショップでの購入というのは、不安だと思う人は基本的に電話で対応してくれることも可能になっておりますので、電話で問い合わせてみるのが一番でしょう。

個人的にもオンラインショップを利用しますが、自宅にいながらの購入というのは本当に楽で便利です。わざわざ外出して機種を購入することはありません。

それだけでもかなり便利なのです。ぜひこれは検討してほしいですね。

iPhone8が発売されると各社かなり売れることが予想されております。

特にソフトバンクオンラインショップからならかなり売れることが予想されております。

ソフトバンクユーザーというのはかなりの人がiPhoneを所持しております。

その為予約をして購入しようと考えている人がかなり多いわけですね。ソフトバンクオンラインショップを利用する人も昨今かなり増えてきているのです。

ソフトバンクオンラインショップというのは、ソフトバンク公式のオンラインショップです。

そちらのオンラインショップを利用して端末を購入しようとしている人がかなり増えているので、今後は店舗から購入しようとしている人以上にソフトバンクオンラインショップを利用する人が増えてくるでしょう。

またソフトバンクオンラインショップを利用して購入する人は発売日に自宅に届くということを知りません。

発売日に発送されるわけではなく発売日に自宅に届くのです。それは非常に便利だと思いませんか?

また、ドコモオンラインショップau Online Shopも同様の施策を実施しており、iPhoneを購入すると発売日に自宅に届けてくれるわけです。

発売日に自宅に届けてくれるのであれば、かなりいいと思いませんか?

そしてありがたい話なのですが、これらのオンラインショップから購入すると頭金が不要です。頭金だけで、3000円〜8000円ほど搾取されてしまいます。

店舗で買えばそれが店舗の実収入ということで、残念ながらかなりの頭金を搾取されてしまうわけです。その頭金というものが不要です。

その為かなりオトクに契約することが可能なのです。ぜひ検討してほしいところですね。

 

OSの進化

iOSは現行が9となっているので、その頃はiOS13になっていると思われます。

恐らくOSのアップデートはiPhone6sでも出来ると思われますね。

それくらいOSのアップデートに関しては過去の機種に対してもしてくれるということがAppleのいいところだと思います。

その頃になると自分の過去の行動から今後行うべき行動を予想してくれる機能も充実していると思われます。

今もそれに近い機能は色々ありますが、なかなか予想となると結構厳しいと思います。ただしその予想の精度が確実にあがっていることは間違いないと思います。

それはビックデータの活用などで、色々な人の行動からその人の行動を探るわけです。

GPSなどと紐付けることで、その人の行動が把握出来るようになるわけです。

逆に恐ろしいような気もしますが・・・それでも今後近いうちにそうなっていくでしょう。

OSの進化というのは本当に最近はかなり進化していると思います。Appleは専用OSということで、iPhoneやiPadのみに専用に入っているOSとなっております。

Androidとはまた異なるOSとなっており、iPhoneはセキュリティ的にも強いとも言われております。iPhone8sの頃になるとハードもそうですが、OSの進化のほうがかなり楽しみですよね。OSが進化するということは、それだけ使い勝手が便利になるということです。

非常に楽しみです。

スペック予想

人間の手などは進化しませんので、画面サイズはやはり4.7インチ〜5インチの間くらいだと思います。

現行が4.7インチなので、さすがにそれ前後でしょう。

画面の解像度はかなり上がっているものと思われますが、2560×1440程度でしょう。

ひょっとすると4Kになっているかもしれませんが、まだそれはわかりませんね。4Kでも2560×1440でもそれほど大差はないと思われます。

それでもXPERIAシリーズからPREMIUMモデルが発売されたので、やはり4Kくらいはいっててほしいですよね。

続いて色々なセンサー類の追加です。センサー類は今でも十分ついておりますが、センサーをさらに追加させることで、今よりもより精度の高いものが出来ると思われます。

走るのが好きな人、ゆっくり走る人などというGPSや加速度との連携なども簡単に出来るようになると思います。

続いてRAMなどのアップです。この頃になるとさすがに4GBくらいにはなっていると思います。ひょっとすると5GBのRAMを搭載なんことも十分に考えられるでしょう。

続いてはCPUに関してもオクタコアが標準でしょうね。Androidでは16コアなんてのも登場している可能性も十分に考えられます。

カメラは2000万画素以上が採用されている可能性もありますが、iPhone4sが800万画素でiPhone6sが1200万画素ということを考えると、ひょっとすると1600万画素レベルなのかもしれません。

スペックは今よりも確実に進化していると思われますので、その辺りの進化は非常に楽しみです。

予想するのも楽しいですが、今から4年後というとあまり想像出来ませんよね・・・

ただし4年前と今を比較すると4年後も若干ながら想像出来ると思います。

 

iPhone7のスペック

iPhone7のスペックを参考にiPhone8sに関して考えてみたいと思います。

機種 iPhone7 iPhone7Plus
大きさ 138.3×67.1×7.1mm 158.2×77.9×7.3mm
重さ 138g 188g
OS iOS10 iOS10
CPU A10 A10
RAM 2GB 3GB
ROM 32、128、256GB 32、128、256GB
画面サイズ 4.7インチ 5.5インチ
解像度 1334×750ドット 326ppi 1400:1コントラスト比(標準) 1920×1080ドット 401ppi 1300:1コントラスト比(標準)
カメラ 1200万画素/500万画素 F値1.8 1200万画素/500万画素(背面デュアルカメラ) 光学2倍ズーム 広角F値1.8、望遠F値2.8
カラー ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック
対応バンド FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、27、28、29、30)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
その他 Touch ID指紋認証センサー,気圧計,3軸ジャイロ,加速度センサー,近接センサー,環境光センサー

カメラ機能

光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュ
パノラマ(最大63メガピクセル)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
強化されたローカルトーンマッピング
人体検出と顔検出
露出コントロール
ノイズリダクション
写真の自動HDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付

ビデオ機能

4Kビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍光学ズーム、6倍デジタルズーム(iPhone 7 Plusのみ)
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
人体検出と顔検出
ノイズリダクション
4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付

前面カメラ FaceTimeカメラ

1080p HDビデオ撮影
Retina Flash
ƒ/2.2の開口部
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
自動HDR
裏面照射型センサー
人体検出と顔検出
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード

こちらがiPhone7及びiPhone7Plusのスペック比較となります。

2017年にiPhone8が発売されるということは、iPhone8sが発売されるのは、2018年になる可能性が非常に高いです。

iPhone6からiPhone7で約2倍の進化ということのようなので、2倍の進化ということは、iPhone7からみるとiPhone8sでは2倍の進化が見られるということでしょう。

それはそれでかなりの進化だと思います。2年で2倍進化するということですが、実際にはこれから先というのは、進化も少なくなると思われますので、進化としては1.7倍程度で落ち着くのではないでしょうか。

 

iPhone8sで虹彩認証が採用される?

iPhone8sで虹彩認証が採用されるかもしれません。虹彩認証というのは目で行う認証方式です。すでにAndroid端末では一部の機種で採用されている認証方式です。

ただしこれはiPhone8でも採用されるかもしれないという情報もあり、実際にはiPhone8で採用されるかもしれません。iPhone8で採用されたところで、iPhone8sでも採用されるとは思います。

今は指紋認証という認証方式がスタンダードになってきましたが、今後別の認証方式が色々出てくるかもしれませんね。

別の認証方式が出て来ると他社も色々追随してくるので、本当に面白いと思います。

iPhone8sというのは、今のところ2018年9月頃の発売ということで、まだまだ先の発売になりそうです。

それよりiPhone7sは本当に発売されるのでしょうか。次に発売されるiPhoneはiPhone8とも言われております。実際にiPhone8が発売されるのでしょうか?それもどうかと思いますが、さらに次に発売されるiPhone8sに関してはもっと期待したいですね。

それでも今後は有機ELを採用するなんて言われており、有機ELが採用されると市場の勢力図もかなりかわると思われます。

iPhone8sはそれはそれで非常に楽しみな機種であることは間違いありません。

 

iPhone8sの頃にはすべてのiPhoneで有機ELが採用予定

iPhone8sの頃にはすべてのiPhoneで有機ELが採用される見込みとなっております。有機ELというのは知っている人も多いと思いますが、Samsungが有機EL対応の機種をかなり出しております。

GALAXYSシリーズでは有機ELが使われております。これからiPhoneでも有機ELを採用するといわれており、有機ELというのは、非常に薄型かつ有機EL自身が発光するということで、より薄型に出来るというメリットがあるわけです。その為有機ELを採用することにより薄型にすることが出来るということです。

iPhone8sで有機ELが採用されるということですが、実はiPhone8から有機ELが採用されるということは色々なサイトでも言われており、有機ELが採用されることにより、これから有機ELを採用するスマホが続々と登場するだろうといわれております。

有機ELを採用するスマホというのは今はGALAXYSシリーズが非常に多いですが、他のメーカーでも採用する可能性が非常に高いですね。

色々な面でメリットのある有機ELですが、有機ELが採用されることにより、今はパネルの供給がまだ追いついていない状況です。

そういう状況から考えると今後は有機EL自身の製造にどんどん着手していく必要があるのではないでしょうか。

初回投稿日:2015年11月17日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする