キャッシュバック CBは減り MNP乞食は 消滅するのか? 儲けは無理?

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

今後キャッシュバックは減り続けるのでしょうか。

携帯電話でそれこそ儲けていた人もかなり減ってくるのでしょうか。

総務省の意向としてはキャッシュバックを減らして適正な価格をということになっていますが、本当にそれでいいのでしょうか?

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

総務省の意向

総務省が 高額キャッシュバックを禁止 端末価格の割引の上限

過度なキャッシュバックを自粛して欲しいとの要請が出ているようで、今後キャッシュバックは減る可能性が非常に高いと思います。

数年前にも一度このようなことが起き、実際にキャッシュバックが減ったことがありました。

その時は総務省はそんなこと言った事実はないと否定していましたが、今回は高市さんがテレビの放送で言っているので、ほぼ間違いないと思います。

確かに行き過ぎたキャッシュバック戦略というものはあると思いますが、それでも契約してくれない現実があるのです。

代理店は契約してくれてナンボの世界で仕事しているので、契約してくれないと結構厳しいわけです。

逆にキャッシュバックがないと売れないという構図を作ったのも彼らなので、仕方ないところはありますが、それでもキャッシュバックがないと売れないとこの関係性が崩れると業界は確実に不況になると思いますね。

キャッシュバックがなくても売れる方法を模索中

その為現在はキャッシュバックがなくても売れる方法を検討していると思いますが、これは代理店のちからだけでは厳しいと思います。

販売奨励金を減らすとキャッシュバックも減るわけですが、代理店の体力は奪われます。

代理店も無駄に拡充してきた可能性があるので、これからはスリム化になると思われますが、それにしても契約がとれないと彼らは生きていけません。

そう考えると今のままで本当によいの?と思いますよね。

特に街の中にある携帯ショップはtwitterなどでの告知が命なところがあり、告知がないと残念ながら契約がとれないということです。

今後告知も減る可能性があり、本当につぶれていくところが非常に多いのではないでしょうか。

特にソフトバンクは出店をかなり持っており、それらの店の経営が苦しければ本当にこれからどうなるのでしょうね。

初回投稿日:2015年11月19日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする