格安SIMがキャリアモデルのライバルに 価格競争でMVNOが圧勝

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

格安SIM業界というのは今後さらに過熱することは間違いありません。

どのように過熱するのか?ということですが、キャリアのライバルはMVNOになることは間違いありません。

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

MVNOとキャリアの違い

これを結構気にする人が多いのですが、実はMVNOといえどもキャリアの回線を使っているので、実はそれほど大差はありません。

本当に混んでいる時間帯だけ、MVNOよりキャリアのほうを優先的にするそうですが、恐らく耐えられないというレベルではないでしょう。

そう考えると耐えられないレベルではないということは、MVNOでも速度的には十分なのです。

結構高速に動作させることが可能いわゆる普通のキャリアを同じように利用することが可能なのです。

そういう意味では通信速度にはそれほど大差はないと思われます。

価格的な差

基本料金は圧倒的にキャリアモデルよりMVNOのほうが安価です。MVNOというのが格安SIMのことを挿すわけですが、本当に安価です。

1GB程度の高速通信なら1000円を切るものがほとんどです。

そこの通話プランをつけたところで1000円台で収まることがほとんどです。

キャリアが通常だしているプランをそのままつけたところで、2000円ちょっとくらいで収まることが多いのです。

そういう意味では非常にメリットがあるのです。

ここ最近ではスマホとセットで販売するようなMVNO会社も増えてきているので、ユーザーとしては非常に買いやすいです。

イオンモバイルホームページ

こちらもその一つになるわけですが、わかりやすくて非常にいいという声をかなり頂いているようです。

こちらも業界最安値宣言をうたっており、非常にいいMVNO会社となっております。

このようにここ最近格安SIM業界がかなり賑わっております。携帯の維持費を下げるにはMVNOが間違いなくお得なように感じます。

是非検討して欲しいですね。

MVNOは低価格の救世主

MVNOは本当に安く使うことが可能です。携帯電話というのは生活のライフラインになっている人がほとんどではないでしょうか。

ないと困る、なくては仕事が出来ないなど、色々な理由でこのMVNOを利用すると思いますが、このMVNOに関してはそんな携帯の維持費を抑えてくれるのです。

携帯の維持費というのは、今までみんな請求されていたから払っていた。と思う人が非常に多いと思いますが、これからは自分の好きな契約を選択することが可能なのです。

自分の好きな契約を選択することが出来れば、当然ですが、今より価格を下げることは可能なのです。

キャリアに価格を下げさせるよりも自分で安価のものを選択していくほうが間違いなくいいと思いますね。

MVNOという通信設備を持たない選択

2015年11月26日追記

MVNOを運営している会社は通信設備を持っているわけではありません。あくまでキャリアからレンタルしているのです。

通信設備を借りているのです。

現在非常に多く使われているMVNOの利用設備はドコモですが、ドコモは回線をMVNO会社に貸しているわけです。

どのような契約になっているのかわかりませんが、1GBあたりの単価は非常に安価な単価で貸しています。

それをMVNO会社は利益を乗せて、我々消費者に提供しているわけです。

よってMVNO運営会社というのはリスクは非常に少ないのです。通信設備はキャリアのものを利用するのです。

その先の設定部分だけをMVNO会社が行うのです。そう考えると敷居はかなり低いと思いませんか?

後はMVNO会社が契約者をいかに増やせるか?ということになりますが、資金力のある程度あるOCNなんかはCMをすることも可能なので、それなりの契約者を集めることが可能ですが、集められないところもあるわけです。

そう考えると集められるところと集められないところの差というものが確実にあるわけですが、実はMVNOの料金体系は似たり寄ったりです。

若干サービスに違いはありますが、それでもサービスとしてはほぼ横並びです。

今後どのようなサービスが出てくるか楽しみですが、価格的にはすでに底値といったところではないでしょうか。

いかにMVNO会社はキャリアとのサービスの差を出せるかではないでしょうか。

価格的な話とサービス的な話を考える必要がありますが、サービス的な話をするとドコモなどのキャリアはショップ運営を行っております。

ショップ運営自体にかなりの費用が発生していると思われますので、MVNO運営会社はいかにHPなどでアピール出来るか?だと思います。

広告宣伝費をかけることはなかなか難しいので、広告運営会社を通じてネット広告が中心なのです。

今後徐々に勢力図が変わってくると思いますが、キャリアは絶対ゼロにはなりません。

MVNO会社のライバルはキャリアだと思いますので、キャリア並のサービスで料金がやすければ流れていく人も非常に多くなるでしょうね。

初回投稿日:2015年11月24日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする