携帯電話 スマホ の解約違約金が一切発生せずに契約する方法

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

携帯電話を契約する時に解約違約金が発生することが当たり前になっていると思います。

その解約違約金が発生しないとなれば、非常にお得だと思いませんか?

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

解約違約金が発生しないスマホは?

イオンモバイルなのです。イオンモバイルで契約すると解約違約金が発生しません。

非常にお得だと思いませんか?

こちらがイオンモバイルのホームページになります。

こちらで契約すると解約違約金の発生がありません。

非常にいいと思いませんか?しかしながらお申し込みパッケージで申し込む必要があります。

このお申し込みパッケージに対応している機種は以下の通りとなるわけですね。

機種と同時購入がお得

イオンスマホ_XPERIAJI専用

イオンスマホ_VAIO Phone VA-10J専用

イオンスマホ_geanee FXC-5A専用

イオンスマホ _ALCATEL onetouch Idol02専用

イオンスマホ_FUJITSU ARROWS M01専用

イオンスマホ_KYOCERA S301専用

こちらの機種と同時に購入することにより、解約違約金の発生がありません。

通常他のキャリアと契約すると通常であれば、解約違約金の発生があります。

この違約金だけで1万円ほどとられると思うとどうも不自然な感じがありませんか?

それがこちらで契約するとないのです。

それだけでも非常にお得なことは間違いないのです。

これから新学期に向かい契約する人へ

お子様に新たに携帯電話を契約させようなどと考えている人は間違いなくこちらがお得だと思います。

これを契約させることで、なんといっても維持費を安く抑えることが可能になるからです。

携帯の維持費というのは本当に馬鹿になりませんよね・・・

現在の親になる年齢というのはざっくり25歳から40歳くらいの人が多いのでは?と思います。

それが中学生くらいになる頃というのは、40歳〜55歳くらいの人?のレンジが多いでしょう。

これくらいの年齢になると非常に物入りですよね・・・

さらに子供の携帯電話にまでお金がかかるとなると本当に馬鹿らしいですよね・・・

そういう人は親も含めて全員がイオンモバイルにしてもいいのでは?と思います。

維持費を安くする

携帯電話の維持費って毎月1人8000円ほど払っていませんか?

それがこれにするだけで毎月の維持費が、本体代金込みでも4000円までに収まることがほとんどなのです。

そうなれば、今更他のキャリアモデルにしたいと思わなくなるのではないでしょうか?

本当に主婦の人には必見です。

主婦の人はこの毎月の携帯電話の維持費は本当にどうにかしたいと考えている人も非常に多いと思います。

それがこのようないわゆる格安SIMというここ最近良く耳にする言葉に簡単に触れることが可能なのです。

是非このイオンモバイルは検討して欲しいところですね。

格安SIMといっても?

格安SIMといっても使っている電波はドコモの電波を利用しているのです。

ドコモの電波を利用して格安SIMを利用しているので、基本的に電波の届く範囲というのは、ドコモの電波の届く範囲と同じなのです。

にも関わらず、安心しない人も多くいるわけです。

基本的に日本全国電波が入るので、是非安心して使ってもらいところですね。

高額キャッシュバックがあるキャリアモデルも魅力的ですが、それなりに維持費も発生します。

維持費が発生するので、結局それなりのお金を持っていないと維持することが出来ないのです。

これなら1万円もあえれば、家族全員維持することも可能なので、そういう意味では非常にお得に携帯生活が可能かと思います。

今後はSIMフリーとMVNOが勢力に

2016年1月19日追記

現在結構イオンSIMは売れてきております。

やはり違約金が発生しないことと、端末代金を仮に分割で購入したとしたら2年後に通信費が安くなるということが非常に受けているようです。

違約金だけならまだしも2年後に通信費の割引がなくなるというキャリアは結構しんどいですよね・・・

2年で必ず何か見直さないといけないというキャリアの制度どうかしていると思います。

どうせ買うなら割引制度の恩恵を受け続けるのか、もしくははじめから割引制度の恩恵を受けないが、安価に維持するのかどちらかだと思います。

SIMフリー+MVNOは割引制度の恩恵を受けることはありませんが、元々が安価なので、素晴らしいと思います。

元々安いということがこれだけいいことなのでしょうか?やはりMVNOとキャリアを正規料金で比較すべきですね。

キャリアの割引制度は本当にわかりにくいと思います。

もう少し分かりやすい割引制度を導入するか割引制度をなくして元の価格を下げるかのどちらかだと思います。

そもそも通信費の原価なんかしれています。ほとんどがショップの運営費でしょう。ショップは人件費なので、それなりの経費として出ていきますが、電波は一度建てるとメンテナンスなどは必要ですが、ショップの維持費にくらべると安価なものでしょう。

その辺りを考えて欲しいところですね。

初回投稿日:2016年1月3日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする