実質0円廃止で高額キャッシュバックが消滅 儲かるのはキャリアだけ?

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

実質0円を廃止したことにより儲かるのはキャリアだけと言われております。

確かに高額キャッシュバックを出す必要がないということなので、キャリアとしては結構ありがたい話であることは間違いありません。

しかしながらメーカーとしては本当に辛いことだと思います。

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

まさに官製不況

まさに官製不況です。総務省がキャッシュバックをやめて実質0円での販売もやめなさいという新しいガイドラインを携帯会社に提示しました。

孫正義さんも決算発表会の時に買いやすい方法として実質0円をキャリア側から提案したにも関わらず、それを拒否するようなユーザーにとって非常に不利な条件がガイドラインに示されております。

ようやく現金収入が入ってきたということで、このようなガイドラインというのは、キャリアにとっては非常にありがたいことでしょう。

今はまだ新しい既存のプランを安価にするような料金プランは出てきていないので、そう考えるとこのまま当分既存の安価なプランというものを出さないかもしれません。

それか現在模索中かどちらかです。とにかく今はこのタイミングでキャリアとしてはお金を貯める時期に入ってきているのです。

メーカーは辛い

メーカーは一括0円で販売されようが結果的に儲けることが出来るのです。にも関わらず価格が高騰してしまっては端末が売れませんよね。

売れないということはひょっとするとこのまま利益を得るタイミングがなくなってしまうと思われます。

確実に総務省の施策はどう考えてもメーカーつぶしなのです。

来店客数が激減しているようで、激減しているということは、その分端末が売れなくなったということです。

端末が売れなくなるということは、経済における影響も少なからずあると思われます。

本当にこのままでいいのでしょうか?

国のほうはもう少し考えて欲しいと思いますが、このような端末が売れない不健全な状況が続けば本当に不況になることは間違いないと思います。

本当にメーカーは可哀想ですよね・・・

なぜキャリアだけが儲かるの?

キャリアが儲かるというのは、その理由はキャッシュバックを与える必要もなくなった、端末も実質0円で販売する必要がなくなったことにより、販売管理費の削減が主に挙げられます。

これにより、出て行く経費を抑えることにより、少しだけでも利益に貢献するわけですね。

本当にこれでいいのでしょうかね?この販売管理費を払っても今までかなりの利益を出しているわけです。

これくらいどうってことないと思いますが・・・

初回投稿日:2016年2月15日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする