総務省 携帯契約時の新たなルールを改定 消費者保護により

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

総務省は色々ルールを決めておりますが、携帯契約時に新たなルールを出してきたようです。

このルールは以下から抜粋しております。

20150916080240

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

本当に消費者が保護されるのか?

現在キャリアはそれなりの手立てを行っており、キャリアが悪くないように契約時に重要事項の説明を行ったりしています。

上記を見る限りそれほど今とは変わっていないように感じますが、実際のところどうなんでしょうか?

恐らくこの消費者保護という観点での8日の初期解除ルールというのは今もそれなりのものがあるので、実際どうでしょう?

当然ながら初期解除を適用させた場合は、キャッシュバックや割引があった場合それも含めての返却になると思われます。

消費者保護という名の情弱対策

情報弱者と呼ばれる人を保護するというものですが、正直店員も知らない人が多いと思います。

このような施策というのはキャリア主導で行わないと情報弱者と呼ばれる人達はまた色々新しい説明を受ける必要があり、契約時に非常に不便です。

結局のところ店側(キャリア側)の人達がすべてを顧客に伝えられるかどうかということになると思いますが、やはりそれでも問題になっていることは非常に多いと思います。

8日以内の強制解約に関しても、恐らくこれを適用されるとブラックになる可能性も非常に高いわけです。

そうなると結局のところ消費者保護という観点からするとずれてきます。

個人的に思うのは、契約してもブラックにならず、再度契約も可能でかつユーザーがそれなりに快適に使える携帯環境を提供することをキャリア側には求めたいですね。

ただし悪用する人もいるからなかなか難しいと思いますが・・・・

引用元:総務省

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする