ドコモ カケホーダイライトプラン 登場1700円の基本料金から

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

ドコモがカケホーダイライトプランというものを出してきました。

このプランはどのようなプランなのでしょう?すでにauとソフトバンクで出しているプランと同じプランといえると思います。

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

概要

カケホーダイライトプランは5分間以内の通話は無料となり、5分間を超える通話に関しては有料になるというものです。この有料の部分は20円/30秒となり、5分間を超える通話をかなり実施する人なら今までのカケホーダイのほうがお得です。

また家族間は5分を超え通話をしても無料です。

20150917063023

対象となるお客様

対象となるお客様はLTEで対象となるパケットパックに加入している方

20150917063142

こちらがその適用対応となるプランです。

各種割引適用

20150917063349

各種割引適用後の料金はこちらになります。

提供開始日

2015年9月25日(金曜)

お申込み方法

My docomoによる受付
151による受付

結論

このプランの落とし穴わかりますか?

パケットパックS及びシェア10は対象外です。結局データ定額プランを最小におさえている人にとっては無意味な契約になるわけです。

これはかなりひどいプランです。ソフトバンクもこれを同様です。

それにしても本当に毎月の料金がここまで高止まりするということは本当におかしくないですか?

携帯電話はインフラにも関わらず、ここまでキャリアががめついと正直なところ利用者としてはかなり辛いですね・・・

なぜ最小プランを選択出来ないようにしたのか・・・本当にこれまたわかりにくいですね。

分かりやすいプラン提供と各社うたっておりますが、このカケホーダイライトプランというのは携帯電話の基本料金になります。

この基本料金部分がやはり目立ちデータ部分は目立ちません。

それでカケホーダイライトプランにしてほしいという人も今後現れてくるでしょう。ただし最小プランなら無理ですと説明するのは販売員やショップ店員です。

顧客はなんで??となるでしょう。もう少し顧客目線にたってほしいですね。

最近あまりにも安価に寝かす人が増えてきたからこのようなプランになったものと思われますが、これでは本当にいけてませんね・・・

初回投稿日:2015年9月17日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする