iPhone6sを購入に割賦 審査が通らない? 契約出来ない事態が発生

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

iPhone6sを購入しようと店に向かっても契約出来ない人がいるようです。

iPhone6sはauやソフトバンクは機種によっては10万円を超える機種があります。

10万円を超えるものに対してはクレジット審査をいうものを受ける必要があるのです。

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

なぜ10万なの?

20150928062308

少額な商品に個別クレジットを利用する際にも、支払可能見込額調査は行われるのですか?

もちろん、支払いの遅れなどを確認する通常の審査は行われますが、法律では、携帯電話などの10万円以下の生活に必要な耐久消費財を店頭で購入する場合などについては、クレジット会社は、支払可能見込額調査をしなくてもよいことになっています。

引用元:j-credit

こちらを見てもらえればわかると思いますが、10万円以下は少額とみなされるわけです。

それが10万円を超えるので少額とは見なされないのです。

よって10万円を超えるものに関してはきっちり審査が行われるわけです。

普通のサラリーマンは恐らく問題ないと思いますが、収入がない人や年金生活者などは割賦審査に通らない可能性があるのです。

よってiPhone6sが10万円以上するものは通らない可能性があるわけですね。

10万以下なら大丈夫

ドコモはiPhone6sの価格はどの機種も10万円以下です。

よってすべての機種は大丈夫なのです。審査はゆるくなるので、基本的には問題ないと判断されるでしょう。

恐らく通常の割賦では滞納などがないかという程度を調べる程度です。

それが、10万円を超える審査になると残念ながら年収からその支払能力を調べられるわけですね。

よってこのような問題が出てくるわけです。

不安な人はドコモにMNPして割賦契約するかドコモで機種変更をするか一括購入するかどれかしか方法はなさそうですね。

それにしてもかなりの落とし穴だと思います・・・

ひょっとしてブラックを疑う

携帯電話を契約する時にブラックというものを知っていますか?

いわゆる信用調査です。どのような信用調査があるのか?ということですが、まずはじめに他社での未納がないか?ということがあげられます。

この他社での未納というのは例えば、今自分がドコモに契約しようとしているのに、ソフトバンクに未納があった場合確実にはじかれます。

このように信用情報というのは各社が共通で持っているところがあり、そこに情報を投げているのです。

そして各社がその情報をとりにいくことにより、会社を超えてその人の信用情報をとりにいくことが可能になります。

個人情報の流出?と思うかもしれませんが、そのようなことはありません。

これは昔からずっと行われている信用調査なのです。

私もどのような内容が具体的に書かれているのかはわかりませんが、ローンがかなりある人は次にローンが組めなかったというやつです。

結局そのような情報というのは会社を超えて保管されておりますので、悪いことは出来ないようになっているわけですね。

よって支払い未納などがないようにだけは本当に気をつけたいところです。

初回投稿日:2015年9月28日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする