ドコモ ブラックリスト 短期解約 新規 MNP 機種変更契約が出来ない

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

ドコモに契約しようと思っても契約出来なかった人いませんか?

ドコモはここ最近ブラックリスト入りの基準をかなり上げていると言われております。

以前は90日以内に解約した回線があれば、ブラック入りと言われておりましたが、ここ最近そのハードルが上がっていると聞きます。

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

端末購入サポートのおかげで

 

ドコモがブラックリストに入るという条件は、まず間違いなく過去にドコモで何かをやらかした人がブラックリスト入りになるのです。

本当の新規の人はまず契約が出来ないなんてことはありません。

普通の人は契約することが可能なのです。

このタイトルのように端末購入サポートがここ最近導入されました。

端末購入サポートというものはどういうものなのでしょうか?

ドコモ 端末購入サポート 6ヶ月以内の解除料負担 実質8ヶ月契約「→14ヶ月に変更」する必要あり

こちらが端末購入サポートというものになります。

この端末購入サポートというものがあるので、それこそ90日以内に解約するという人が極端に減ると思われます。

よって今のところ契約期間によるブラックリスト入りという人はかなり減ってきたのではないでしょうか。

この端末購入サポート以外で購入した人もいると思いますが、そのような人は基本的に90日以内の解約でブラック扱いになるので注意が必要ですね。

他社に未納がある場合

他社に未納がある場合は確実に契約が出来ません。

こればかりはどうすることも出来ませんので、確実に他社での未納はクリアにする必要があります。

 

まとめると

他社での未納厳禁
90日以内の解約

これは確実に避けたいところですね。

信用情報

2015年10月9日追記

携帯 スマホ 料金の滞納は 信用情報にキズが付く クレジットカードも作れない状態に
スマホなどを使っていて、毎月の料金の支払いが非常に高額の為についつい支払いを延期させてしまったことはありませんでしょうか? 特に若い人...

信用情報に傷がつくと本当に大変なことになります。

信用情報に傷がつかないように延滞はしないほうがいいと思います。

世の中から信用のない人ということになれば、その後の生活が非常に大変です。

クレジット契約が出来ないということは社会人としては致命的ですよね・・・

クレジット契約必須でないと携帯のMNPが出来ないなど色々不便なことも多いです。

軽い気持ちで遅延を繰り返すことは本当に危ないです。

是非このあたりは注意が必要だと思います。気をつけてください。

2015年9月以降はさらに契約出来ない人が増加

2015年10月16日追記

ドコモで 携帯電話 スマホを契約出来ない人が続出 MNPのし過ぎ データ化のやり過ぎ
ドコモにMNPをしようと思ってもMNP出来ない人が続出しているようです。 ここ最近iPhone6が非常に安価だったので、iPhone6...

こちらを確認してもらいたいのですが、今契約出来ない人が急増中です。

相当厳しいようですね。特価BLとも言われているようです。

かなりの数をドコモは取りこぼしていると思いますが、現行の機種変更しかしていないユーザーに対してはある意味仕方ないと思います。

その不公平感があるので、今後契約は厳しくなってくると思われます。

それこそ既存のユーザーを守ろうとしていることに注力しているようですね。

どちらかというとMNPに関しても残念なことに飽和状態です。これ以上MNPをする人は確実に営利目的の人が多いと思います。

そういう状況から今後はMNPに対してさらに厳しくなってくるのでしょうね。世知がない世の中ですね・・・

 

特価BLの回避は?

2015年10月22日追記

ドコモ 2年で10回の割引施策を受けると MNP での特価ブラックに

特価BLは2年で10回の割引施策を受けると適用されると噂されております。

あくまでこれはドコモが明示した条件でなく、色々な検証によりこのような数が導き出されているようですが、とにかく特価BLになってしまったということは、基本的には契約を断られていることになるので、残念ですが、契約は出来ません。(特価適用除外なら契約OK)

この条件で契約する人は恐らくこの条件に当てはまる人はいないと思いますので、注意が必要です。

特価BLに一旦入るといつ抜け出せるのか本当にわかりませんよね・・・

回線数が多い人はシステム的に入りと出を管理する必要があります。在庫管理のようですね・・・

逆にそれくらいしないと今後はかなりシビアになります。ドコモも基本的には1年縛りの契約を持ってきておりますし、契約したら1年間はやめることも出来ないという非常に残念な感じです。

今まではドコモはいいキャリアだったのですが、ここ1年くらいでいけてないキャリアに変わりました。

それこそ2月のMNP施策を皮切りに縛りをやたらいれてきます。auはまだマシのようですが、実際はLTEの従量制廃止など今後どうなっていくのでしょうね・・・どんどん契約しにくくなってきているような気がします。

 

実質0円価格が廃止の影響

2015年10月27日追記

今後実質0円などで販売することがなくなっていくものと思われます。

となると非常に気になるのは、通信費の下落です。通信費が下がるということは、MNPなどのインセンティブに与える原資がなくなるということになるので、残念ながらMNPがそれほど美味しくなくなるのではないでしょうか。

そうなるとブラックという考え方も非常に少なくなるのではないかと予想されます。

今後ブラックというのは本当に契約出来ない人いわゆる過去に未払いがあった人たちなどが対象になるのではないでしょうか。

そうなると非常に悲しい感じもしますが、世の中の流れがそうなっているので、仕方ないですよね・・・

契約も出来て普通に割引も受けられるというふうになってほしいと思います。

11月も継続中

2015年11月17日追記

11月もドコモは厳しい特価BLに苦しめられている人が多いといいます。

特価BLというのは特価を受けることが出来ないという人のことです。

非常に残念なことなのですが、特価BLになってしまうということは本当に残念なのです。ただし契約は出来るので、本当のブラックというわけではありません。

本当のブラックというのは、残念ながら短期解約や他社に未納のある人です。

一番怖いのは割賦を踏み倒したことを過去にやったことのある人です。そういう人は他にも債務がある可能性があり、与信状況としては最悪な感じです。

そうなるとローンも組めません。最悪の場合は住宅を借りることも出来ないかもしれないのです。

自分自身の信用を携帯電話の契約ごときで落としたいとは思いませんよね?将来携帯電話が契約出来ないだけでなく、クレジットカードを持つことが出来ません。

クレジットカードというのは信用カードなので、持っているだけで信用のある人というふうに見られます。

一般的な人ならクレジットカードを所持することは可能ですが、一度そういうブラックになった人というのは、残念ながら持つことも出来ません。

そう考えるといかにそういうことが大事なのか?ということがわかると思います。ブラックにならずに健全な生活を送っていただければと思います。

 

オンラインショップでもブラック

2016年7月13日追記

ドコモオンラインショップでもブラック扱いになるようです。

ちなみに私は2度申し込んで2度ブラックになりました。いわゆる契約ができないということです。

ドコモオンラインショップ経由でブラックになるのには1週間以上通知されるのに時間がかかります。

契約できないことを書面で送られてきます。そしてその後にメールがくるのです。

おそらく私は特価BLにひっかかったと思われますが、そろそろ喪が明けてもいいのでは?と思う今日このごろです・・・

本当に契約できないのって時間の無駄ですからね・・・それでも一般の人は基本的に契約できないなんてことはありえません。

普通の人なら契約は可能です。

あまり気にしないほうがいいかもしれませんね。

それでも契約する気で契約しているのに、契約できないなんてことは本当に気分悪いです・・・

はじめに入力時点で契約できませんと促してほしいところです。

それくらいすぐにできそうですが、どうなんでしょうか?与信審査にそれだけの時間がかかるということなのでしょうか。もう少し早いタイミングで契約ができないことがわかればいいんですけどねぇ〜

結局ドコモショップに足を運ぶ必要があるんですが・・・

 

特にドコモは厳しい

2017年3月12日追記

ドコモのブラックは結構厳しいです。ドコモで一度断れれるといわゆる喪があけるまでにかなり経過しないとだめですね。

ブラックリストとはいうもののドコモの場合まったく契約出来ないというわけではありません。契約は出来るのですが割引施策を受けることが出来ないということが非常に多いわけです。

となるとある意味ドコモが一番厳しいような気がします。やはりエンドユーザーとしては割引付きで契約させてほしいと思うのは自然です。

しかしながらそれは認められていないのです。そういうことを考えるとドコモに加入するMNPなどは結構厳しいかもしれません。

それでも機種変更ならある意味まだマシということが多いようです。機種変更なら普通に契約出来るということも多いようですね。

これからは何も考えずに機種変更をするほうがいいのかもしれませんね。

複数機種をMNPした人は喪明けの可能性も高い

過去に複数機種をMNPした人というのはいると思います。ドコモは現在複数機種のMNPを大量にした人に上限を持たせておりました。

上限に関しては確実に告知されていたわけではありませんが、複数台MNPをした人は割引回数の上限を迎えている可能性が非常に高かったわけです。

そういう人は残念ながらMNPなどで割引回数の上限をいっているので、契約は出来るものの特価購入が出来ないなど問題がありました。

いわゆる特価ブラックと呼ばれるものです。

それがもう開けている人が多いのではないでしょうか。

契約から2年以上が経過しある意味リセットされている可能性が非常に高いわけです。

ドコモは契約数よりも1台あたりの単価を狙ったわけですね。美味しい契約はさせないという施策となっております。

その喪があけるというのはもうやってきている人も多いのではないでしょうか。一旦そういう可能性のある人はドコモショップなどで聞いてみるといいでしょう。審査だけを通してもらうわけです。そうすることで、喪が明けたかどうか確認します。

最近それほど美味しい案件がなくなってきましたが、美味しい案件というのは、今後もう訪れないかもしれません。

基本的に機種変更ばかりを行うほうがトータル的なコストメリットというものは高いのかもしれませんね。

初回投稿日:2015年9月29日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする