iPhone6s アイフォーン6s MNP 乗り換え 一括0円 キャッシュバックはいつ頃?

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

iPhone6sをMNPで狙っている人も非常に多いと思いますが、一体いつ頃になるのでしょうか?

現在はMNPの場合どれくらいの価格で販売されているのでしょうか?

そのあたりも非常に気になりますね。

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

発売日直後は?

ドコモ iPhone6s アイフォーン6s MNP 一括19800円 条件は?

これくらいの非常に安価な価格で販売されておりました。

これは非常に安いと思いますね。

月々サポートもそれなりについているので、非常にいいと思います。

iPhone6s アイフォン6s MNP 一括0円 キャッシュバックは? 条件は?

こちらは組み合わせになりますが、MNP一括0円で販売されておりました。

これなら結構お得だと思いませんか?

それくらい価格は安価に発売されております。

となると今後MNP一括0円になる時期も近いのでは?と思う人も非常に多いと思います。

昨年の実績から

昨年は年末にちらほら、年明けで祝儀的にちらほら、3月で各店舗それなりにドコモは6月で解禁

このような感じでした。

店によっては年末頃からMNP一括0円を開始するところもあると思います。

年末まで待てないという人もいると思いますが、そういう人はセットでMNP一括0円を狙うしかないでしょう。

セットで狙うとは?

さすがに単体でMNP一括0円案件というのはあまり出てきません。

それが単体ではなく、他のキャッシュバックをついた機種と抱き合わせる方法です。

先ほど上記のリンク先にもあったような手法ですね。こちらの方法を使うとMNP一括0円で購入することも可能になると思います。

そうなれば、非常に安価にiPhone6sをGET出来るのではないでしょうか。

本当にiPhone6sはよくなった?

速度面などでは非常に向上しておりますが、iPhone6からはわざわざ買い換える必要はないと思います。

そう考えるとiPhone6でも十分なのかもしれません。

ただしiPhone6は発売1年後の機種です。長く持とうと考えるならiPhone6sのほうが長く持つことが可能ですね。

そのあたりのバランスは非常に難しいところはありますが、そういったところも考えればと思います。

auがかなり残念な施策を

2015年10月2日追記

auがかなり残念な施策を発表してきました。

悲報 au LTEプランはLTEフラット契約が必須に 最低維持費が値上げ

こちらがその施策となります。

本当に残念だと思いませんか?この施策の為にiPhone6sの最低維持費もかなりあがるものと予想されます。

また買取価格にも当然ながら影響するでしょうね。こうなってくると売却しても儲からない、むしろ使わないと損をするということで、売却せずに使う人がかなり増えてくると思われます。

使うことを前提に携帯の機種を購入しているから当然なのですが、iPhone6sもまだまだ高値で売却可能です。よって売却をして儲けようという人も結構いるはずなのです。

そういう人にとってはかなり厳しい施策です。LTEプランのみで携帯を最低維持で寝かすことが出来なくなりました。

もしそのようなことをしたいのであれば、どうするのか?といえばガラケーへの乗り換えしかないでしょうね。

ガラケーは売却価格も低いので、維持費を安く抑えることが出来ますが、大量に儲けることは難しくなります。

まぁ仕方ないことですね。これは誰もが予想していたことだと思います。

それでもiPhone6sのMNP一括0円案件は複数台同時でないと結構厳しいと思われます。

iPhone6ならMNP一括0円キャッシュバック付き

2015年10月6日追記

ソフトバンク iPhone6 16GB 乗り換え MNP 一括0円 キャッシュバック 90000円

iPhone6ならまだかなり美味しい案件でMNPすることが可能です。

ただしソフトバンク版は維持費がそれなりに高いので、そう考えると微妙な感じがしますが・・・

それでもMNP一括0円で購入出来ることは非常にありがたいことですよね。

iPhone6sはやはりなかなか出てきませんね・・・

もう少し頑張って欲しいところです。

iPhone6sの減産

2015年11月4日追記

iPhone6sが減産に向かっているようです。

ということは、売れていないということです。

iPhone6s /Plus が売れない 減産で日本は過剰在庫?供給過多に

この記事を見てもらえればわかると思いますが、残念ながら売れていないと思われます。

売れていない機種なら当然ながら日本のキャリアが考えることはMNP一括0円です。

一括0円になるということは、どういうことか?ということですが、当然ながら維持費が安くなる可能性が高いのです。

もしくはMNP一括0円ではなく、毎月の通信費の割引を上げる可能性があります。

そうなったとしてもユーザーとしては非常にお得なことは間違いありません。

MNP一括0円を今の毎月の通信費からの割引でまかないたいところですが、実際にはどうなるのでしょうか。

まだそのあたりは不明ですが、是非早くMNP一括0円になって欲しいところですね。

そうなれば、日本ではまたさらにiPhone6sが売れると思われます。みんなiPhone7待ちなのかiPhone6sにそこまで興味がないのかわかりませんが、売れないということは、代理店は嘆いているでしょうね・・・

ドコモ版の11月の状況

2015年11月18日追記

ドコモ iPhone6s MNP 分割 キャッシュバック 5.7万円

残念ながらMNP一括0円にはならないようです。

そう考えると非常に残念な限りですが、まだまだ人気のガジェットなので仕方ないと思います。

それにしても早い段階でのMNP一括0円を望んでいる人も多いので、是非検討したいところですね。

個人的にも早くなってほしいです。そうなれば購入を検討しようと思いますね。

なぜMNP一括0円にならないのか?ということですが、現在総務省の指導により、端末価格を下げないように・・・という指示がある程度出ているのではないでしょうか?

正直なところ11月なら昨年ならもっとキャッシュバックも出ていたと思いますが、今年はそれほどのいい案件は出ておりません。

そう考えるとまだまだこれからといったところだと思いますが、正直なところかなり厳しいのではないでしょうか。

キャッシュバックを出して欲しいメーカー側とキャリア側での鬩ぎ合いがあるのではないでしょうか?

本当のユーザーの立場から考えると機種変更は情弱として捉えて、MNPをする人に優遇を行うのは当然と考える人も多いと思います。

確かに市場の原理としては若干おかしい感じもしますが、今までそれで成り立ってきているわけですから、今更MNPはそれほど美味しくないといわれても・・・という感じです。

今後本当にどうなっていくんでしょうね。それはそれで非常に楽しみな限りです。

初回投稿日:2015年10月1日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする