au スマートバリューの恩恵を受けるなら LTEフラットが維持費が安価に

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

au スマートバリューという言葉を聞いたことある人も多いのではないでしょうか。

このauスマートバリューというのはauが指定する光回線業者とセットで契約すると毎月のスマホの料金から最大2000円の割引を受けることが出来るというサービスです。

ドコモ光やソフトバンク光とサービスの内容は大きくは変わりません。

要するに光回線とセットでauのスマホを所持すると安く維持することが出来ますという仕組みです。

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

スマートバリューの一般的な適用範囲

スマートバリューというのはデータ通信を使うことを指定することにより恩恵を受けることが出来ます。

そのレンジは2000円、1410円、934円と3つのレンジがあります。

一般的に2000円の値引きの恩恵を受ける人というのは、10GB以上の大容量通信を行う人なので、正直なところ除外しても構わないと思います。

2000円の値引きの恩恵を受けたところで、かなりの毎月の料金を払う覚悟が必要なので、一般的にはLTEフラットもしくはデータ定額2か3このあたりが一般的な契約かなと思います。

恐らくこのレンジの人が最も契約者として多いと思います。

料金は?

LTEフラット:5,700円 スマートバリューの値引き:1,410円

データ定額3:4,200円 スマートバリューの値引き:934円

恐らくこのレンジの人が最も多いのでしょう。

となると値引率から考えるとLTEフラットのほうが大きくなります。

それぞれの基本料金は?

LTEフラットを選択した場合の基本料金は934円となります。

データ定額3を選択すると2700円もしくは1700円が基本料金となります。

それに通信する為の300円が別途発生するので、料金は以下の通りになります。

LTEプランを選択した場合

934+300+5700-1410=5524円

データ定額3を選択した場合

1700+300+4200-934=5266円

これら2つを選択してもそれほど変わらない

実はこの2つの料金プランを比較した場合の月額というのはそれほど変わりません。

1700円はライトプランを選択しているので、通常のカケホとデジラを選択する場合だとデータ定額3のほうが高くなるわけです。

高速データ通信部分はLTEプランの場合だと7GB使えるわけです。

その代わりLTEプランを選択するということは、無料通話は一切ありません。

そのあたりが微妙なところです。

それこそ自分のスタイルに合わせて

基本料金などが分離されているので、携帯料金は非常にわかりにくいのです。

そのため、合算で考えるとどちらがお得なのか?ということが非常に分かりやすいと思います。

ただし自分がデータ通信をどれくらいするのか?という基本的な自分の情報は自分で把握する必要があるのです。

自分で把握出来ない人は正直どちらのプランを選択しても自分にあっているのか間違っているのかわかりにくいです。

私なら通話はガラケーにまかせておいて、基本的には通信メインで使うのでLTEプランの一択なのですが・・・

実際のところこれらの料金プランは本当にわかりにくいので、自分の目で見て判断する必要がありますね。

初回投稿日:2015年10月16日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする