メーカー 代理店 スマホが売れなくて 困ってる MVNO 格安SIM流出も・・・

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

メーカーや代理店が現在スマホが売れなくて非常に困っているといいます。

なぜスマホが売れなくなってしまったのか?という問題に対して、まずはほぼ全員にスマホが行き渡ったということも考えられます。

今ガラケーからスマホへ乗り換えるという人は非常に少なくなってきております。

それくらいガラケーユーザーが減ってきたものと思われます。

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

スマホが行き渡っても2年解除後は?

2年の分割で購入した人が2年きっちりで機種変更するかどうかはわかりません。

機種変更したところで、実質0円以外の機種になるとそれはどれで嫌だと思う人もいると思いますので、実は実質0円以外の機種で毎月1000円程度の実質負担金を払う必要がある場合は機種変更をためらう人もいるのです。

要するにスマホを購入しようと思っても、実質負担金が増えるのを嫌がってスマホの購入をしないという人が増えてきているのです。

よってスマホを3年ほど同じ機種で使うという人も増えてきているのです。

3年間同じ機種を使うということは、2年間はスマホ購入に伴う通信費の割引がありますが、それ以降は割引がありません。

毎月割 月々サポート 月月割 意味は?実質価格 割引の種類?名前?
毎月割とか月々サポートとか月月割という言葉は聞いたことありませんか? これらは各キャリアでの呼び方で、意味は同じものとなります。実はこ...

こちらがその割引のことを記載している記事となりますが、この割引を受けずに契約し続けている人もいるのです。

儲かるのは?

割引を受けることが出来ないということは儲かるのはキャリアだけです。

その間に機種の購入を伴っていません。機種を購入すれば、代理店やメーカーは少しだけでも儲かるわけですが、そういうことが一切ないので、メーカーや代理店は儲けることが出来ません。

本当に辛いことではないでしょうか。

MNP対策も始まって

またMNPに対する対策も始まって残念ながらMNPをする人がかなり減ってきました。

かなり減ってきたということは、残念ながら機種の購入がその時には起こりません。

MNP一括0円で販売したとしても、キャリア側はメーカーにお金は払っているのです。

となると代理店は端末が売れないことやメーカーも端末が売れないということで、非常に悩むわけですね・・・

今後はどうなるの?

端末が売れないということは、経済が回りません。携帯の維持費を下げるように総務省から指示があったのですが、その通りになるとモノが売れないという事態になりかねません。

2015年度中に 総務省が スマホ料金値下がりの方針を 安くなるの?
携帯電話料金というのは、本当に家計を逼迫しているところも少なくありません。 今も言われていると思いますが、すべての家庭に光回線をなどと...

こちらがその指針です。本当に今のままでいいのでしょうか?

もう少し考えて欲しいところですね。やはり機種の購入に関しては現在みなさん躊躇しているようです。

初回投稿日:2015年10月19日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする