実質0円販売がなくなり 端末代金と通信費が分離され わかりやすくなる?

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

今後実質0円という販売形態がなくなっていく可能性があります。

色々有識者会議を重ねつつあるようですが、今は携帯電話の販売に関しては実質価格で販売されております。

実質価格で販売するということはどういうことでしょうか?

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

実質価格とは?

本体は端末の価格は毎月3000円です。そして通信費から3000円の値引きを行うと相殺されて0円になるのです。

それが実質0円のからくりなのです。結局その時点で元々の通信費は非常に高いということがわかるでしょう。

3000円も通信費から値引きが出来るということで儲かるということは、本当に普通に考えてもおかしいと思いませんか?

2年後はどうなる?

結局通信費の値引きがなくなって、3000円割引分がなくなるわけです。そしてその頃には端末代金の支払いは終わっているので、その3000円が粗利としてキャリアに入ってくるのです。

2年で機種を変更しなくてもキャリアは本当に儲かるという仕組みはそこにあるのです。

また通信に関しては、使っても使わなくてもそれなりの料金が発生する為、本当に儲かるわけです。

通信設備に関しても、一つ建てると数千万すると思いますが、その場所がエリア化されると、後はメンテナンス費用だけで、通信が出来てしまう為に非常に儲かるという仕組みなのです。

このような仕組みの為に本当にキャリアは儲けているということなんですが、それがこれから分離価格になると端末代金が毎月3000円ということが消費者にバレてしまいます。

となると非常に高い買い物をしていたということが消費者にバレて、携帯が売れないということにもなりかねないわけですね。

それがばれないように今までうまくやっていたのですが、通信費を下げるということは、先ほどの3000円分を値引きするということになります。

結局支払う価格は同じなわけですが、端末代金が高く見えるので、売れません。

今後はそのようにどんどんキャリアが困るような料金プランを提案させられるのでしょうね・・・

少しかわいそうな感じもしますが、このわかりにくい料金プランの説明は本当にどうかしていると思います。

初回投稿日:2015年10月27日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする