ドナドナ 意味は? 携帯電話やスマホで使われる言葉

コンテンツ加入なし 好きなプランを選択可能 頭金なし 24時間営業のオンラインショップはお得 iPhone7 XPERIAの予約も可能
docomo au SB ymobileL

ドナドナという言葉聞いたことありませんか?

2chなどを見ているとドナドナという言葉をよく耳にすると思います。

一体これはどういう意味なのでしょうか?と思う人も多いと思います。

iPhone7 /Plus 購入 予約 在庫 お得に契約
docomoau
SB ymobileL

ドナドナの歌詞

 ある晴れた 昼さがり いちばへ 続く道
 荷馬車が ゴトゴト 子牛を 乗せてゆく
 かわいい子牛 売られて行くよ
 悲しそうなひとみで 見ているよ
 ドナ ドナ ドナ ドナ 子牛を 乗せて
 ドナ ドナ ドナ ドナ 荷馬車が ゆれる
 青い空 そよぐ風 つばめが 飛びかう
 荷馬車が いちばへ 子牛を 乗せて行く
 もしもつばさが あったならば
 楽しい牧場に 帰れるものを
 ドナ ドナ ドナ ドナ 子牛を 乗せて
 ドナ ドナ ドナ ドナ 荷馬車が ゆれる

こちらが歌詞です。この歌詞の意味はというのは売られていくということです。

売られていくということは?

買取情報

いわゆるドナドナということは買取情報ということになります。

携帯を飛ばす人はMNPの施策により、かなり減りましたが、それでも人によっては儲けることが可能です。

iPhone6sはこれから発売される機種なので、当然ながら高値で売却可能です。

それこそ売却してでも毎月の割引が残るほうを選ぶ人も多いのかもしれません。

要するに本体代金を一括で購入し、売却した後毎月の維持費は非常に安くなるSIMだけが残るという考え方もあるのです。

それに他の機種のSIMを挿すということも可能なのです。

iPhone6sは各社ほぼおなじ価格

iPhone6sは各社ほぼ同じ価格です。

よって売却価格も同じ店が多いと思います。

ただし今後施策が変わり、手に入れやすいキャリアの機種が大量に出てくるとそのキャリアの買取価格が安くなったりするわけです。

そのあたりを考えたほうが良さそうですね。

有名な携帯買取ショップ

スマホやiPhone 買取専門 携帯一丁目 評判 評価 対応はどう?

こちらは有名な携帯買取ショップです。

こちらの情報も確認していただければと思います。

携帯を売却する人なら一度は目にしたことはあるのではないでしょうか。

初回投稿日:2015年9月23日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする