AQUOS Sense6 /6 lite /6 Plus スペック楽天モバイル 予約 発売日

AQUOS Sense6が今後楽天モバイルから販売開始される予定となっています。

AQUOS Senseシリーズというのは、低価格スマホとして日本では色々なキャリアから販売されております。楽天モバイルでもAQUOS Sense5シリーズが販売されており、liteモデルとPlusモデルの2つのモデルが販売されております。

購入するなら楽天モバイルがおすすめ

楽天モバイルからの購入はかなりメリットがあります。

✔事務手数料が無料
✔毎月の維持費が安い
✔ネットでも店舗でも購入可能

楽天モバイルからの購入はメリットが多いのです。そのため最近は楽天モバイルを契約する人がどんどん増えています。

特に楽天というのは、元々インターネット上で発展していた会社ということもあり、店舗もあまり多くはありませんが、ネットを利用して楽天モバイルのスマホを購入する人が増えてきました。

そういうこともあり、楽天モバイルはこれからさらに伸びていくことが予想されます。

AQUOS Sense6はどんなスペックになるのか?

まずは2021年モデルのAQUOS Sense5Gのスペックに関して紹介したいと思います。ベースはこのモデルの次のモデルという位置づけになると思われます。

モデルAQUOS Sense5G
大きさ148 x 71 x 8.9mm
重さ178g
OSAndroid11.0
CPUQualcomm SnapDragon690 5G
RAM4GB
ROM64GB
画面サイズ5.8インチ IGZO
解像度フルHD+ (2280 x 1080)
アウトカメラ広角:1200万画素 F値2.4
標準:1200万画素 F値2.0
望遠:800万画素 F値2.4 光学2倍
インカメラ800万画素 F値2.0
カラーライトカッパー、ニュアンスブラック、オリーブシルバー、ライラック、ドコモオンラインショップ限定:スカイブルー、イエローゴールド、コーラルレッド
最大通信速度5G:受信時最大2.1Gbps/送信時最大218Mbps
4G(LTE):受信時最大1.1Gbps/送信時最大90Mbps
バッテリー4570mAh
その他防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C

こちらがAQUOS Sense5Gとなっています。2021年の時点でSenseシリーズは5Gへの対応が行われております。

その形でいけばAQUOS Sense5Gの後継モデルがAQUOS Sense6になるのではないかと思っています。

✔AQUOS Sense5Gは2021年に発売されたばかり
✔AQUOS Sense6がAQUOS Sense5Gの後継になるのはいつなのか?

AQUOS Senseというのは、基本的には低価格モデルです。低価格モデルはここ最近日本ではかなり人気なモデルになっており、かなり販売台数を伸ばしています。

SnapDragon6番台の予想

搭載されるCPUですが、SnapDragon6番台になると予想されます。

SnapDragon690を2020年モデルでは搭載されておりますが、それの後継もしくは同じCPUが採用されるのではないかと思います。

✔SnapDragon6番台が採用の予想
✔SnapDragon690もしくは690の後継CPU

後継CPUになれば、2021年の間は難しいかもしれません。もしくは同系の7番台のCPUであれば可能性はあるかと思いますが、そうなると価格的に高額になる可能性があります。

AQUOS Senseシリーズは4万円前後で販売されるモデルが大半となっていますので、上位CPUを搭載するということはちょっと考えにくいのではないかと思っています。

ただ上位のCPUの搭載は期待したいところではないかと思いますね。SnapDragon7番台だったとしても、SnapDragon720程度を採用することで、価格を押さえることは可能かと思います。

RAMの容量

RAMの容量に関しては、さほど高くはならないと予想されます。AQUOS Sense5Gでも4GBのRAMの容量となります。2021年に発売されるのであれば、6GBのRAMの容量になることはほぼ間違いないかと思います。

✔SnapDragon690を搭載するXperia 10 Ⅲは6GBのRAMの容量

XperiaのミドルレンジモデルのXperia 10 Ⅲというモデルがありますが、こちらのモデルは、6GBのRAMを搭載しています。ただ若干価格は上がりますので、いわゆる上位モデルという位置づけとなります。

これと同じレベルを目指すのであれば、AQUOS Senseシリーズのランクは若干ながら上位モデルという位置づけになります。

ただ今のままでいくのであれば、4GBになるのではないかと思いますね。

ROMの容量は64GBのままか

ROMというのは、補助記憶装置のことですが、64GBのままになると思われます。

✔MicroSDで代用が可能
✔ここを小さくして少しでも安価な価格設定に

やはり大容量にすると価格が高額になりますので、64GBのままになると思われます。

結果的に価格が安価なモデルを選択するのであれば、補助記憶装置というのは大容量じゃなくても問題はありません。

Senseシリーズというのは、正直なところこれくらいの容量で十分なのでは?と思いますね。

カメラの画素数アップには期待

カメラの画素数アップにはかなり期待したいところです。

AQUOS Sense5Gのカメラは3つのカメラがあります。

✔1200万画素x2+800万画素

現行の画素数がこの画素数となっております。

昨今OPPOなどのメーカーのカメラは1つだけ画素数がかなりいいモデルも目立ってきております。

すべてのカメラで画素数アップを望むわけではありませんが、1つくらいは3200万画素くらいのカメラを搭載してもらいたいと思います。

ただAQUOS Sense5Gの時点でかなりきれいな写真を撮影することが可能となっています。

AQUOS Sense5Gはどれだけきれいな写真撮影が可能?

AQUOS Sense5Gの時点でもカメラにはかなり定評があることは知っていますか?

これからの写真はAQUOS 5Gで撮影された写真となります。相当きれいに撮影できていますので、参考にしていただければと思います。

※画像はシャープより拝借

AQUOS Sense5Gから撮影したものとなっていますが、すでにかなりきれいに撮影できていると思いませんか?

✔低価格スマホとは思えないほどのきれいに撮影
✔低価格スマホでもカメラは問題なし

AQUOS Senseシリーズでここまでカメラ押しで来ているのは、相当力があるのではないかと思います。

他社も最近はカメラ押しのスマホがかなり多くなってきておりますが、やはり写真撮影というのは誰でもしますので、保存しておいておきたいと思っている人にとっては、かなりおすすめできるのではないかと思います。

正直なところカメラの性能だけでいうと、iPhone、Galaxy、Xperiaの次くらいといったところです。

ただしここまできれいに撮影できるのであれば、これからのシャープはかなり変わっていくのではないかと思います。

ギャル
ギャル

女の子はカメラはきれいなほうがいいからね。

まさに写真撮影をしたいと思っている女の子は本当に多いと思います。iPhoneはあえて持たずに、AQUOS Senseのようなスマホを持っている人も結構多いと思います。そういう人にとっては、間違いなくおすすめできるのではないかと思います。

✔女の子はカメラにうるさい人が多い
✔ある意味うるさいからこそメーカーも成長できる

映える写真撮影はもってこい

写真撮影をする人にとっては、今後Senseシリーズのカメラでも十分ということがわかっていただけたと思います。

特にSNSなどの映える写真を撮影する人にとっては、本当にメリットがあるのではないかと思います。

✔カメラがきれいなスマホは映える写真も簡単
✔マニュアル撮影も可能
✔連射もついていることはおすすめ

花火などの撮影時は連射などを利用することで、きれいに撮影することが可能となります。

メーカーホームページにも活用術などを色々掲載しておりますので、そちらを見ながら活用することが可能です。

同じくらいの価格帯でいえばiPhoneSEがありますが、iPhoneSEはカメラが1つしかありません。

AQUOS Senseシリーズは3つのカメラが搭載されていることもあり、複数のカメラを利用することで、本当にきれいに撮影することが可能です。

MIL規格に対応

AQUOS SenseシリーズというのはMIL規格に対応しています。

MIL規格というのは、簡単にいうと防水、防塵などに対応していることはもちろんのこと、他にも色々外部からの衝撃などに関しても故障しにくいというところに対応しているということです。

✔この価格帯でMIL対応はありがたい
✔MIL規格に対応していることで、AQUOS Senseシリーズはつぶれにくい

次に発売されるAQUOS Sense6も当然ながらMIL規格に対応されることは間違いありません。

MIL規格に対応しているスマホは、まだ日本でもそこまで多くはありませんが、Senseシリーズは継続して採用されることを望みます。

AQUOS Sense6 最大の売りは?

AQUOS Senseシリーズは今までもそうですが、バッテリーの容量です。

これから先も巨大バッテリーを搭載するモデルを継続して販売していくと思われます。

AQUOS Sense6でも5000mAh近くのバッテリー容量のモデルが出てくると思われます。

✔大容量バッテリーはAQUOS Sense6でも継続的に採用
✔バッテリー容量が大きいとかなり便利

とにかく最大の魅力というのは、バッテリー容量が大きいことです。

大容量バッテリーを搭載しているモデルというのは、年々増えております。Xperia 10 ⅢやXperia ace ⅡなどのXperia系でも大容量バッテリーを搭載する動きとなっています。

これから大容量バッテリーを搭載しているモデルというのは、本当に人気が上がるのではないかと思います。

バッテリーの価格自体は少しくらいは大きくしても、部材コストとしては上がりません。それならユーザーがより便利に利用できるというバッテリーの容量をアップするということが、メリットがあるのではないかと思います。

処理速度を上げるよりも、稼働時間を長くするということのほうが簡単なのかもしれません。ただしバッテリーの容量を大きくするとそれだけ本体が重たくなります。

重たくなったとしても、構わないという人ならいいと思います。

AQUOS Sense6の発売日は?

先程AQUOS Sense5Gの話をしていましたが、AQUOS Sense4の後継モデルという位置づけであれば、2021年11月ごろになると思われます。

AQUOS Sense4は2020年11月ごろに販売されており、その1年後ということを考えると、11月ごろになるのではないかと思います。

✔通常は1年に1度の発売日
✔1年に1度なら11月ごろの発売になると想定

Senseシリーズも低価格モデルということですが、年々進化しています。

楽天からも発売されると思われますので、かなり期待したいですね。

タイトルとURLをコピーしました