AQUOS R7 アクオスR7 スペック 楽天モバイル 発売日 価格 2022年モデル

楽天モバイルから今後AQUOS R7の発売が今後行われる予定となっています。

AQUOSシリーズというのは、誰もが知っているシャープというメーカーが製造しているスマートフォンです。

その中でもRシリーズと呼ばれる最もスペックの高いモデルが今後発売されると思われます。

まずはAQUOS R6のスペックを紹介しておきます。

AQUOS R6のスペックを紹介

モデル名AQUOS R6
寸法162 x 74 x 9.5mm
重さ207g
OSAndroid11
画面サイズ6.6インチ
解像度2730 x 1260 ドット
ディスプレイPro IGZO OLED
プロセッサSnapdragon888
RAM12GB
内蔵ストレージ128GB
microSDあり 最大1TB
前面カメラ1260万画素 F値2.3
背面カメラ2020万画素 F値1.9
WiFi802.11 a, b, g, n, ac,ax
Bluetooth5.2
Paymentおさいふケータイ
カラーバリエーションブラックホワイト
バッテリー容量5000mAh
認証センサー指紋認証 顔認証
4G /5G対応
その他3.5φ端子、ハイレゾ、IPX5、IPX8/IP6X

こちらがAQUOS R6のスペックとなります。

AQUOS R6からレベルアップすることは間違いありません。

Rシリーズというのは、以下の内容の総称としてRシリーズとなっています。

✔リアリティ
✔レスポンス
✔リリアビリティ
✔ロボティクス

CPUはSnapdragon898の最新モデルを採用

CPUにはSnapDragon898と呼ばれるものが採用される予定となっています。

このCPUというのは、2021年の12月には発表されるものと思われます。

基本的にSnapDragonシリーズというのは、日本を代表するスマホには搭載されているCPUとなっています。

RAMの容量は?

RAMの容量に関しては、AQUOS R6の時点で12GBです。

そのためひょっとすると今後は16GB程度のRAMの容量にしてくるかもしれません。

RAMの容量は高いほうが、複数のアプリをたくさん動作させることが出来ますので、確実にメリットがあります。

基本的にはRAMの容量が高いほうが、いいわけですが、あとは価格ですね。

容量を大きくすると価格が高くなることは間違いありません。

✔AQUOS RシリーズのRAMはXperiaよりも巨大化の傾向
✔Galaxyシリーズでは16GBのRAMの機種も存在する

AQUOS Rシリーズというのは、基本的にRAMの容量を大容量にする傾向がありますので、個人的には大容量のRAMにしていくのではないかと思っています。

大容量のRAMのほうがスペック表を比較した時にいい形で表示されますからね。

そのほうがユーザーが喜ぶことは間違いないかと思います。

やはりユーザーが喜ぶ方向で、メーカーも製造しているのではないかと思っています。

楽天は安価な維持費だからこそ本体にお金をかけられる

楽天モバイルというのは、毎月の維持費はかなり安価です。

安価だからこを本体にお金をかけられるのです。

本体は毎日触るものです。そのため本来ならお金をかけてでもいいと思っています。

毎日触るものがストレスなら、本当に嫌になりませんか?

安価な価格設定だからこそ、本体にお金をかけることが可能ということになります。

楽天モバイルの維持費を考えると本体にお金をかけられる
✔本体代金は少々高くても、ストレスがないスマホを利用するほうがメリット

結局のところストレスがないということが、一番だと思いませんか?ストレスフリーであるということが、スマホを持つ上でも非常に重要だと思います。

楽天モバイル 料金プラン アンリミット6を紹介 どれだけお得なの?
楽天モバイルの料金プランを紹介したいと思います。 楽天モバイルの料金プランは4月からアンリミットⅥとなります。 楽天アンリミットⅥはどんなプラン? 楽天アンリミットⅥとはどのようなプランなのか紹介したいと思います。 &#x2...

こちらが楽天アンリミット6の料金プランに関する記事を掲載しているページとなっています。

楽天アンリミット6というのは、かなり安価な料金プランとなっていますので、相当多くの人が契約していることは間違いありません。

ライカのカメラが思ったよりいい

ライカのカメラが思ったよりいいと思います。

ライカというのは、カメラのメーカーですが、カメラメーカーのものが搭載されているということは、かなりメリットがあるのではないかと思います。

ライカというのはファーウェイにも搭載されているカメラとなっています。

それは先程もお伝えしておりますが、同じカメラがファーウェイの最新モデルのP50と呼ばれるスマホにも搭載される予定になっているようです。

✔ファーウェイも同じカメラを採用の予定?
✔1インチセンサーがP50にも搭載の予定

ライカというのは、日本でもそこまで知名度が高いとは言えませんが、カメラモジュールが搭載されるのであれば、かなり期待できるのではないかと思います。

ファーウェイでも利用されているカメラとなっています。ライカというメーカーを知らない人もいるかと思いますが、ライカというのは、カメラのメーカーとしては一流メーカーとなります。

結局のところ一流のメーカーのものを利用できるということが、最大の魅力なのかもしれません。

カメラの性能というのは、基本的にはレンズによる部分が非常に強いです。そういうこともあり、カメラレンズがしっかりしているライカのモデルを利用することはそれはそれでかなりのメリットであるということです。

AQUOSシリーズは2022年も楽しみ

AQUOSシリーズというのは、2022年も楽しみです。

AQUOSシリーズというのは、基本的に毎年複数のモデルを多数販売してくれています。

AQUOSシリーズは2022年に関していえば、このAQUOS R7はじめ、他の廉価版のモデルも多数販売されると思われます。

そのためAQUOSシリーズの中の頂点にあるAQUOS Rシリーズというのは、誰もがかなり楽しみにしているモデルなのです。

そういうこともあり、今後AQUOSシリーズが販売されるとなると、かなり期待が持てるモデルになることは間違いないでしょう。

✔AQUOS R7はかなり楽しみなモデルに
✔AQUOS R7は2022年の中で最もハイスペックモデルになると予想

ただ最近はハイスペックモデルというのは、正直なところ価格も高く売れ行きは正直なところ落ちていると思います。

それでもAQUOSシリーズは、さらに伸ばしていってもらいたいですね。

タイトルとURLをコピーしました