楽天モバイルなら今利用しているスマホが使える 調べることもできる

楽天モバイルなら今利用しているスマホを利用できる可能性が非常に高いです。

楽天モバイルを利用したくても、今利用しているスマホが利用できるかどうかを調べる必要があります。
それを調べるツールというものがあるのです。

楽天モバイルで利用できるか調べる

ご利用製品の対応状況確認 | 製品 | 楽天モバイル
楽天回線対応の楽天モバイル公式スマートフォンなら「Rakuten UN-LIMIT VI」が思う存分楽しめる!お持ちのスマホがご利用できるかどうかを簡単にご確認いただけます

こちらのサイトから現在お持ちのスマホで利用できるかを確認することが可能となっています。

こちら少し一例をあげてみますが、比較的最近発売されたスマホでないと利用できないことがわかるかと思います。

数年前に販売されているモデルを利用することは結構厳しいかもしれません。

2019年以降くらいに販売されているモデルであれば、利用することが可能となっているケースがかなり多いので、中古スマホを狙う場合でもそのタイミングのものを狙うことをオススメしたいですね。

こちら結構レアなスマホでも利用することができます。

パートナー回線の切り替えの有無はチェック

パートナー回線の切り替えの有無に関してはチェックしておく必要があります。
パートナー回線というのは、auです。楽天モバイルというのは、楽天エリアとauのエリアの2つのエリアを利用しています。

auエリアで利用できない場合楽天エリアだけしか利用することができません。そうなれば正直なところかなり使えないということになります。
使えないということはどういうことか?というと楽天のエリアはそこまで広くはないのです。

そういうこともあり、パートナー回線でも利用できるということが前提になるかと思います。
auという会社は基本的にはエリアも広く都心部以外でもかなり電波の強度はあります。

✔パートナー回線での利用有無は調べておきたいところ

それを忘れてしまうとかなり厳しいことになるでしょうね。
ただauで販売されているモデルでも利用できるとは限りません。
ざっと調べてみたところ、使えないモデルのほうが圧倒的に多そうな感じです。

それだけはちゃんとチェックしておくことをオススメします。

楽天のバートナー回線を選択できないことは痛い

楽天のパートナー回線はKDDIとなっていることは知っていますか?パートナー回線が基本的には楽天モバイルのスマホ以外では利用できません。

パートナー回線が利用できないということは、リアル楽天エリアでしか利用することができないのです。

通信・エリア | 楽天モバイル
楽天モバイルの通信エリア(サービスエリア)を、地図や検索でご確認いただけます

こちらが楽天モバイルのエリアとなっています。

エリアは正直なところまだそこまで広いというわけではありません。
むしろ楽天モバイルのエリアは狭いといえるかと思います。

広くないエリアでしか利用できない場合、都心部中心の生活をしている人なら特に大きな問題はありませんが、都心部から離れた場所に住んでいる人などは結構これが負担になってきます。

通勤は都心部ですが、自宅が都心部から離れた場所という人なら、ひょっとすると利用できないなんてことも可能性としてはあり得るわけです。

そういうことを考えると、楽天モバイルのエリアのみでしか利用できない人にとっては結構辛いのではないかと思ってしまいます。

このあたりはきっちりとした情報を持っておくほうがいいと思いますね。

はじめから楽天モバイルのスマホを買うほうが無難

正直なところ楽天モバイルから販売されているモデルをはじめから購入するほうが無難だと思います。

楽天モバイルのスマホもいいモデルがかなり販売されておりますので、全く問題ないと思いますね。

やはり今利用しているモデルをそのまま利用するより、楽天モバイルから販売されているモデルを購入するほうがいいです。
結局のところ使えると信じて使ってみたどうも不具合などが出た時に問合せすることができません。

それなら本末転倒だと思いませんか?結構面倒ですよね。初めて楽天モバイルを利用する人ならなおさらです。
問合せをしてすぐに回答してくれるといいのですが、そうでないこともあるでしょう。

楽天モバイルのスマホは機種が豊富です。また安価な機種も多数販売されていることもあり、個人的には結構オススメできると思っています。

楽天モバイルはほぼ自社回線

2021年も後半に入り、楽天モバイルはかなり自社回線になっています。

自社回線のほうが、他社に払う費用が減るので、楽天モバイルとしてもかなりメリットがあります。

楽天モバイルは自社回線がほとんど
✔自社回線で通信品質を上げる

携帯電話というのは、通信品質がメインです。通信品質を上げるということが今後非常に重要なことかと思います。

パートナー回線がなくなることで、電波が途切れてしまうという不安はたしかにありますが、都心部を中心に移動している人であれば、ほぼ問題ありません。

電波は都心部には十分行き渡っていると考えることが普通です。

実際に私の住んでいるエリアにも電波は届いているので、問題ないかと思いますね。

パートナー回線がなくなったといっても、そこまで気にすることはないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました